悲しいカップルと薬の瓶
  • ホーム
  • プリリジーの副作用はどのようなものがあるか

プリリジーの副作用はどのようなものがあるか

薬を飲む男性

プリリジーの副作用は主に意欲の低下や性欲の低下、直射日光に当たった時の皮膚炎などがありますが、個人差があるので、ほとんどの場合は副作用を感じることはありません。
性欲が低下して場合にはプリリジーの服用を中止したり、服用する量を調節するなどすると正常な状態に戻りますが、脳内のセロトニンの量を調節する薬なので、副作用が出ても本人は気が付かない場合が多いので、注意をする必要があります。
セロトニンは太陽の光に一定時間当たることで、脳内に分泌される物質で、気分を落ち着けたり、緊張や不安を軽減することもできる物質です。
室内を明るくしたり、有酸素運動を一定時間継続して行うことでも分泌する物質ですが、プリリジーを服用してセロトニンの量を増やすことで射精の時間を長くすることができます。
もともとSSRIの薬には射精障害の副作用があるので、この副作用を利用して開発されたプリリジーは早漏を予防する強い作用があるので、射精までの時間を3分以上長くすることができます。
正常な射精ができるようになるとセックスの満足度が高くなるので、不妊症の治療にも役に立ちます。
早漏を根本的に治療するためにはリラックスをすることが重要で、そのためにはセックスの前に少量のアルコールを飲むと一定の効果があります。
アルコールは脳を興奮させて一時的に性欲を高めますが、感覚を鈍くする作用もあるので射精を遅くすることができます。
心因性の早漏は一時的な症状なのでセックスを続けていると自然に治癒することがあり、また体が疲れているのが原因の場合には休養を十分にとることで早漏を予防することができます。
早漏は一度完治させると仕組みを理解することができるので、再発が少ないとされています。

人気記事一覧